メインイメージ

2015.09.25 MAIST ブログ

第16回:日本酒開けタラ 秋刀魚を食べレバいいじゃない

皆さまこんにちは!
山には・・・駈け上がりたくなる坂がある。
コンクリ舗装された道よりも、木の根が阻むほどの獣道を行きたい!
少年の心を忘れないことに定評のあるうっぴょでございます。
 
もっぱら涼しくなってまいりました今日この頃。
シルバーウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?
外を歩くとどこからか、芳しい金木犀が香る季節。
秋はすぐそこですね。
 
 
さて、
毎度アプリをご紹介してきたうっぴょでございますが、
本日は趣向を変え書籍をご紹介したいと思います。
(今までご紹介したアプリを全部遊んだよ!というお声をちらほらいただきました!ありがとうございます!)
 
本日ご紹介する書籍はこちら、
 

『東京タラレバ娘』
tarareba
©講談社/東村アキコ
 
  
別作品で漫画大賞を受賞された東村アキコ先生が手がける、
アラサー独身女性阿鼻叫喚の少女漫画でございます。
 
きっかけは、友人のツイッターのとある一言でした。
「女は・・・・25歳超えたら女じゃない」
 
うん、
 
  
何があった?
 
 
G●●gle先生で検索すると、
出るわ出るわ。
「怖すぎる」「もはやこれはホラー」「涙が止まらない(感動ではない)」
トンデモ感想が。
  
内容は、行きつけの居酒屋でアラサー独身女性の3人が呑んだくれくだをまき、
「ああだっタラ私は出会えた」「こうすレバ私は幸せになれた」と、
タラレバ女子会をしながら織り成される恋愛ドラマ!
と言えば聞こえは良い(すでに良くない)ですが、
酒のつまみのタラとレバーが幻覚となって、
ありがちトキメキ少女漫画展開を迎える3人に、
惨いまでの現実を叩きつけ言葉を浴びせ地に落とすような漫画です。
漫画の枠を超えてこちらにも一斉射撃が飛んできます。
  
つい先日3巻が発売されましたが、
仕事帰りにふらふらと近所のコンビニでおでんと缶ビールを購入した私は、
3巻を読みながら涙をぼろぼろと流していました。
(完全に酒が悪い方にキマりました)
※感動して、ではありません。
  
怖い!怖い!
でも読んじゃう!
私たちに残された相手の条件は
⑴人間
⑵生きてる
⑶死んでない
しかないのか!?(タラレバ3巻巻末漫画より)
てか⑵と⑶の違いはなんだ!?
 
 
東村アキコ先生の悪意さえ感じるこの作品、ご興味ある方はぜひお試しを!
男性女性両方お楽しm……楽しい…?いただけます。
 
講談社コミックプラス様で試し読みができます!▼
http://kisscomic.com/kc/tarareba/index.html
 
 
余談ですが東村アキコ先生、めちゃくちゃ美人です。
気になる方はこちらも検索検索ゥ!
 
 
 
それでは皆さま、季節の変わり目ですので、
お体にお気を付けくださいませ!
次回はコロンビアがお送りいたします!
お楽しみに!

前の記事へ

トップへ戻る