メインイメージ

2016.07.07 MAIST ブログ

第46回:虫退治

みなさま、いかがお過ごしですか?
早速コロンビアの記事を読んで、まずは「ルイボスティー」から試しています。
どうも、セーラー戦士です。

 

前々から「ごぼう茶」が気になっているのですが、ふと思い出してお店を見るたびに「品切れ中です」の文字が
私のダイエットしたいな(でも辛いのは嫌だな)という純粋な気持ちを阻んでおりました。
※ごぼう茶は、あの世界的に人気なバンドのボーカルであるhy○eさんも飲んでいらしたという情報がネットにごろごろ転がっております。
セーラー戦士も1度で良いからh○deさんが使うマイクになりたいと思っています。

 

 

 

さて、何を書こうかなあー・・・・・と考えていたのですが
良いタイミングで、またもやセーラー戦士一家に珍事件が起きたのでご紹介します。
(歯間ブラシを飲み込んだセーラー家族は、そんなことなどなかったかのように今では元気です)

※非常にどうでも良い話なので本当に息抜き程度でお時間がある方のみお読みください。

 

 

先日、家で夕ご飯を食べ終え、テレビを見ながら一休みをしていたら、耳元に「ブーーーーーン」という、いや~な羽音が聞こえてきました。
これはまずい、何か入り込んだな、しかもでかそう・・・と思ってあたりを見ると蜂のような蜂じゃないような、小さいGのようなGじゃないような・・・
なんだかとにかく気持ち悪い虫が天井に止まっていました。

 

もう、わたしは本当に虫が苦手なので、一瞬で目の前が真っ暗になったのですが
とにかく退治しなくては、と家族に伝えました。

 

もし万が一にでも奴が蜂だった場合、攻撃すると刺されます。
そのためまず先に肌を出さないように家の中ですが長袖のパーカーに帽子とマスクを装着しました。
夏場にこの格好で外にいるとわりと変質者です。

 

そして何かで叩いて息の根を止めてしまえば良いのですが、
幸か不幸か、我が家は天井が比較的高いため至近距離での攻撃ができません。
キン●ョールをひたすら吹きかけることしか、手段は残されていませんでした。
ただキ●チョールの射程距離もそこまで長くないため、イスに登って噴射することになりました。
セーラー家族がイスに登って思い切り何度も噴射。
逃げ惑う先にも噴射。

 

キンチ●ールのおかげで弱ってきたようで動かなくなったのですが、
よりによって電球のシェードの上に虫が転がりました。
床に落ちてくれればそのまま物理的攻撃で仕留められたのに・・・・完全に計算外です。

 

そこで今度はシェードに届くように長い掃除道具(クイッ●ルワイパー)の先っぽにガムテープをつけて、
弱って転がっている無力で哀れな虫をくっつけて仕留めようと考えました。

 

しかし、ガムテープが思ったより強力だったのか、シェードにくっつき、
クイック●ワイパーがぶら~んとくっついてしまったのです・・・・。

 

こちらがその時の状況を思い出して描いた、セーラー戦士渾身のイラストです。

もう笑うしかありませんでした。
どうしようもなくなったので、イスの上にイスを重ねるという荒業に出て、
最終的には軍手と新聞紙を駆使して、直接虫を仕留めることに成功しました。
そしてぶらさがったクイックルさんとガムテープを地道にぺりぺり・・・と丁寧に外していきました。

 

結果的に虫の正体は、蜂でもなくGでもなく、おそらくコガネムシでした。
でも虫嫌いな私にとっては、危険度が少し低いだけで恐怖度は変わらないので
同じ地球に生きとし生けるものとして申し訳ない気持ちは少しありましたが、二度と飛んだり跳ねたりしないようにさせていただきました。
(虫好きな人すみません。我が家に入り込んだのが運の尽きでした。本当は生きて逃がしてやりたいんですよ。)

 

これから虫も増える季節ですし、みなさんも虫を殺さずに退治ができる人が一家に一人いると良いですね。
カメレオンでも飼おうかな。

 

それでは皆様、良いたなばたの夜をお過ごしください。

前の記事へ

トップへ戻る